設備投資表明額、1~3月は前年比2割減

シンガポールで事業を展開する企業による固定資産投資(FAI、設備投資に相当)の表明額は、2022年1~3月期に22億Sドル(約2,035億円)となった。前年同期の28億Sドルから約2割減少した。 産業別では、製造業が16億Sドルで最大。うち電子関連が14億Sドルと大半を占めた。…

関連国・地域: シンガポール
関連業種: マクロ・統計・その他経済


その他記事

すべての文頭を開く

テイクオフ:「本読んで」――。おい…(06/27)

5月の製造業生産高13.8%上昇 前月から伸長、電子製品が寄与(06/27)

オーストラリアからの送電、投資準備完了(06/27)

仏海運大手と港湾庁、脱炭素化で協力(06/27)

空港タクシーの運賃値上げ、年末まで継続(06/27)

米半導体大手、北部の生産拠点が完成間近(06/27)

特典還元ショップバック、8000万米ドル調達(06/27)

投資銀行業務の手数料、1~6月は3.3%増(06/27)

現地証券会社、イスラム法準拠の口座提供(06/27)

すべての文頭を開く

※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社NNAは一切の責任を負いません。

の記事は有料サービスご契約者様限定記事です。契約すると続きをお読みいただけます。契約されている方は、画面右側にある各種ログインからログインください。
無料トライアルはこちら
購読申し込みはこちら

NNAからのご案内

出版物

SNSアカウント

各種ログイン