シエムレアプ新空港開発、進捗率は27%

カンボジア北西部で進められている「シエムレアプ・アンコール国際空港」の建設工事の進捗(しんちょく)率が27%になったようだ。当局は、新型コロナウイルスの影響で遅れが生じていると説明している。ただ、現時点で2023年3月の完成予定に変更はないという。プノンペン・ポスト…

関連国・地域: カンボジア
関連業種: 建設・不動産運輸


その他記事

すべての文頭を開く

フンセン首相、岸防衛相が表敬訪問(06/24)

積極的なドル売り、昨年の売却額は6億ドル(06/24)

女性の30%が15~19歳で妊娠=保健省報告書(06/24)

国軍指名の国防相、カンボジア国防相と会談(06/24)

来年の経済成長率は6.6%=政府予測(06/23)

すべての文頭を開く

※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社NNAは一切の責任を負いません。

の記事は有料サービスご契約者様限定記事です。契約すると続きをお読みいただけます。契約されている方は、画面右側にある各種ログインからログインください。
無料トライアルはこちら
購読申し込みはこちら

NNAからのご案内

出版物

SNSアカウント

各種ログイン