• 印刷する

テイクオフ:初めて目にしたときは、…

初めて目にしたときは、かつてインドネシアでもはやった「たまごっち」の新型が出たのかと思ったが、どうやら空気清浄機らしい。以前は職場などでしか目にしなかった空気清浄機は、最近はUSBほどの大きさの製品も見かける。

首掛けタイプのものも販売されている。知人は1台100万ルピア(約8,700円)のものを4台購入し、外出時には家族全員が1人1個ずつ利用しているという。新型コロナ下で変化した人々の生活習慣の1つだ。

試しに使用してみたが、ファンもついておらず音がしない。しかしマスク越しに息を吸い込むと、いつもの排ガスやほこりで汚れた空気ではなく、新鮮に感じた。空気清浄機の機能を理解していたから、暗示にかかっていたのだろうか。長く使ってみて効果を確かめてみる必要がありそうだ。(エ)


関連国・地域: インドネシア
関連業種: 医療・医薬品社会・事件

その他記事

すべての文頭を開く

首都警察、宗教冒涜でバー従業員6人逮捕(16:29)

〔アジア人事〕村上開明堂など(06/27)

テイクオフ:インドネシアには直訳す…(06/27)

新首都インフラ計画アピール 日系企業に迅速な協力要請(06/27)

新首都ダムを日系企業が訪問、海外勢で初(06/27)

鴻海、新首都スマートシティー投資に関心(06/27)

炭素税の導入を再延期、経済状況を考慮(06/27)

世銀、税制効率化に7.5億ドルを支援(06/27)

韓国との経済連携協定、7月にも批准承認(06/27)

すべての文頭を開く

※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社NNAは一切の責任を負いません。

の記事は有料サービスご契約者様限定記事です。契約すると続きをお読みいただけます。契約されている方は、画面右側にある各種ログインからログインください。
無料トライアルはこちら
購読申し込みはこちら

NNAからのご案内

出版物

SNSアカウント

各種ログイン