• 印刷する

テイクオフ:バンコク知事選中は至る…

バンコク知事選中は至るところに掲げられた選挙ポスターも、日曜日の投開票後はすっかり見なくなった。当然といえば当然なのだが、クリスマスシーズンがとうに過ぎた今も飾りつけが忘れられたように残されているのとは対照的だ。

その知事選ではチャチャート氏が圧勝した。タクシン元首相の妹のインラック政権で運輸相を務めた同氏。反プラユット派を中心に幅広い支持を集めた。

海外亡命中のタクシン氏は、知事選の結果を「タイの民主主義回復の前触れ」と評価。一方、プラユット首相は、支持政党である最大与党・国民国家の力党の惨敗に「バンコク知事選と国政は無関係」と平静を装うが、内心はどうか。次の下院総選挙を占う前哨戦とみられていたバンコク知事選。結果を受けてタイの政局はいよいよ風雲急を告げている。次のクリスマスまでに事態はどのように動いているだろうか。(須)


関連国・地域: タイ
関連業種: 政治社会・事件

その他記事

すべての文頭を開く

3空港高速鉄道、来年1月に着工見通し(06/24)

電子部品の余剰在庫ゼロへ 商社コアスタッフ、委託販売開始(06/24)

新規の感染者2299人、死者は18人(23日)(06/24)

〔アジア人事〕ゼロなど(06/24)

5月車輸出は3%減の7.7万台、バイクは増(06/24)

5月の車生産は8%減、乗用車が不振(06/24)

ラオスから電力輸入開始、4カ国間取引で(06/24)

すべての文頭を開く

※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社NNAは一切の責任を負いません。

の記事は有料サービスご契約者様限定記事です。契約すると続きをお読みいただけます。契約されている方は、画面右側にある各種ログインからログインください。
無料トライアルはこちら
購読申し込みはこちら

NNAからのご案内

出版物

SNSアカウント

各種ログイン