• 印刷する

テイクオフ:フィリピン気象庁(PA…

フィリピン気象庁(PAGASA)が先週、ルソン地方やビサヤ地方の一部が雨期入りしたと発表した。雨が降って気温が下がり、うだるような暑さから解放されるのは喜ばしいことだが、友人の中には快く思っていない人もいる。

5月中に離島のビーチリゾートで休暇を過ごす計画だった友人は、予想よりも早い雨期入りに落胆している。悪天候下ではビーチの魅力が半減する上、船で島を訪れる際に危険が伴う。楽しみにしていた計画を断念することになるかもしれない。

雨期入りは例年6月ごろ。5月中旬は非常にまれとされる。ここ数年の猛烈な暑さや大型台風の到来と同様に、気候変動が影響しているのだろうか。企業の間では温室効果ガスの排出削減に向け、脱炭素の動きが出ている。国民がもっと身近な話題と捉えられるよう、政府やメディアは啓発に力を注ぐ必要があると感じる。(D)


関連国・地域: フィリピン
関連業種: 社会・事件

その他記事

すべての文頭を開く

テイクオフ:フェルディナンド・マル…(06/29)

首都圏のコロナ規制延長 7月15日まで、次期政権に持越し(06/29)

未接種の従業員、出勤時検査を一部免除(06/29)

外資規制リスト更新、3年半ぶり(06/29)

再エネ市場の自由化提言、経済開発庁(06/29)

格付け会社、比中銀の追加利上げ確実視(06/29)

比防衛企業、武器組み立てで米同業と提携(06/29)

すべての文頭を開く

※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社NNAは一切の責任を負いません。

の記事は有料サービスご契約者様限定記事です。契約すると続きをお読みいただけます。契約されている方は、画面右側にある各種ログインからログインください。
無料トライアルはこちら
購読申し込みはこちら

NNAからのご案内

出版物

SNSアカウント

各種ログイン