• 印刷する

テイクオフ:現在住んでいる集合住宅…

現在住んでいる集合住宅の契約更新が来月に迫り、不動産業者から家賃の値上げを通知された。ニューサウスウェールズ州では、今年第1四半期(1~3月)の集合住宅の平均賃料が、前年同期比約28%上昇。値上げは仕方ないかもしれないが、生活の厳しさを痛感した。

ブリスベン在住の友人は、ブリスベンでも賃料は上昇し、望ましい賃貸住宅を見つけることが困難なため、ワーキングホリデービザ(査証)保持者の中には、より安価なバックパッカー向け宿泊施設で生活している人もいると話していた。

オーストラリアの学生は、家賃などの生活費が高く、実家を離れて自立したくてもできない状況だという。スタグフレーションに直面しており、家を出るのも無理、家を持つのも無理という悲しい現実だ。オーストラリアでは9年ぶりに政権が交代。住宅事情の改善に期待する。(弥生)


関連国・地域: オーストラリア
関連業種: 社会・事件

その他記事

すべての文頭を開く

テイクオフ:オーストラリアの新聞の…(06/24)

豪印、中国にらみ協力強化 両国の国防相が会談(06/24)

豪参加の多国籍企課税厳格化、NZが実現懸念(06/24)

4大銀が米景気後退予測、豪首相は回避確信(06/24)

豪政府、高インフレ回避で実質賃下げを容認(06/24)

川重など、豪から輸送した水素で発電実証(06/24)

メディバンク、加入者に2億$の利益還元(06/24)

すべての文頭を開く

※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社NNAは一切の責任を負いません。

の記事は有料サービスご契約者様限定記事です。契約すると続きをお読みいただけます。契約されている方は、画面右側にある各種ログインからログインください。
無料トライアルはこちら
購読申し込みはこちら

NNAからのご案内

出版物

SNSアカウント

各種ログイン