• 印刷する

テイクオフ:長崎市の松が枝国際ター…

長崎市の松が枝国際ターミナル近くにある旧香港上海銀行長崎支店記念館。1904年に完工し、31年の撤退まで同行の長崎支店として使われた建物だ。

秋田出身の建築家、下田菊太郎(1866~1931)が設計した3階建ての建物は外観、内部を問わず、実に風格がある。いかにも明治の洋風建築らしい重厚さに感銘を受けるとともに、今や世界の金融大手として確固たる地位を築いた英HSBCグループがかつて、長崎を日本における重要都市と位置付けていたことに思いをはせた。日本国内ではこのほかにも、地方を中心に、風格を兼ね備えた古い銀行店舗の建物が残っている例が見られる。

翻って香港には、知る限り、この手の銀行店舗の建物はもはやほとんどない。香港島・中環(セントラル)の香港上海銀本店の隣にある中銀香港の中区支店ぐらいだろうか。実に寂しい。あまりにも。(和)


関連国・地域: 香港日本
関連業種: 金融建設・不動産社会・事件

その他記事

すべての文頭を開く

習主席が返還式典「出席」へ 国営通信発表、訪問は明記せず(06/27)

単日感染者、1917人まで増加(06/27)

入境隔離5日以内に、新医務衛生局長が意欲(06/27)

マカオの感染者261人に、3回目全員検査も(06/27)

続伸、ハンセン指数は2.1%高=香港株式(06/27)

HSBC、大湾区で貿易融資枠を融通可能に(06/27)

周大福会長一族、ジョルダーノに買収提案(06/27)

香港電訊と新世界、DXで提携(06/27)

すべての文頭を開く

※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社NNAは一切の責任を負いません。

の記事は有料サービスご契約者様限定記事です。契約すると続きをお読みいただけます。契約されている方は、画面右側にある各種ログインからログインください。
無料トライアルはこちら
購読申し込みはこちら

NNAからのご案内

出版物

SNSアカウント

各種ログイン