• 印刷する

中央消費者保護庁、オラとウーバーに改善要請

インド政府は20日、消費者の権利を侵害しているなどとして、中央消費者保護庁(CCPA)が配車アプリ運営会社のオラと米ウーバーに対し、改善を求める通知を出したと発表した。

通知は、「カスタマーサポートが適切な対応をしない」や「ドライバーがエアコンのスイッチを入れることを拒否する」、「運転手が乗車を拒んだり、乗車場所に来なかったりしたことがキャンセル理由なのに、利用者がキャンセル料を負担している」――などを問題点として指摘した。

政府によると、「全国消費者ヘルプライン(NCH)」は2021年4月からの1年間で、オラ関連で2,482件、ウーバー関連で770件の苦情を受け付けた。

オラやウーバーなどの配車アプリを巡っては、エアコン稼働の追加料金を運転手から求められたり、渋滞ピーク時は乗車予約を運転手からキャンセルされたり、といったことが問題化している。


関連国・地域: インド
関連業種: 自動車・二輪車IT・通信マクロ・統計・その他経済社会・事件

その他記事

すべての文頭を開く

テイクオフ:先日、デリーを散策中、…(08/18)

新南向の収益、初の中国超え 上場企業の1Q投資、今後逆転も(08/18)

オラ、初の電動四輪を投入へ 24年発売、自社生産の電池を搭載(08/18)

ダイキン、ニムラナに研究開発センター設立へ(08/18)

プレステージ、邦人向けクリニック開業(08/18)

三菱UFJ銀、西部金融都市に支店開設(08/18)

すべての文頭を開く

※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社NNAは一切の責任を負いません。

の記事は有料サービスご契約者様限定記事です。契約すると続きをお読みいただけます。契約されている方は、画面右側にある各種ログインからログインください。
無料トライアルはこちら
購読申し込みはこちら

NNAからのご案内

出版物

SNSアカウント

各種ログイン