• 印刷する

4月の破産申し立て、約2年ぶり高水準

香港政府破産管理署によると、4月の破産申立件数は930件に上り、2020年5月(2,079件)以来の高水準となった。前月の130件から7倍以上に増え、前年同月比でも45.3%増加した。

930件の内訳は、債務者による申し立てが855件、債権者による申し立てが75件だった。4月の裁判所による破産宣告は、前月の3.7倍に当たる389件で、前年同月比では14.3%減少した。

破産管理署は4月の数字について、新型コロナウイルスの感染拡大で3月7日~4月11日に司法機関の業務が大幅に縮小され、破産申し立ての受理と破産宣告が基本的に停止したことが影響していると説明した。


関連国・地域: 香港
関連業種: マクロ・統計・その他経済

その他記事

すべての文頭を開く

李家超氏、隔離短縮に言及 撤廃に向け「暫定措置」検討(06/24)

李家超氏、11月のAPEC首脳会議に出席へ(06/24)

新たに1650人感染、前日から203人増(06/24)

マカオ、2回目の全住民PCR検査(06/24)

店内飲食など禁止、感染拡大のマカオ(06/24)

マカオから珠海へ、集中隔離7日を義務付け(06/24)

反発、ハンセン指数は1.3%高=香港株式(06/24)

すべての文頭を開く

※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社NNAは一切の責任を負いません。

の記事は有料サービスご契約者様限定記事です。契約すると続きをお読みいただけます。契約されている方は、画面右側にある各種ログインからログインください。
無料トライアルはこちら
購読申し込みはこちら

NNAからのご案内

出版物

SNSアカウント

各種ログイン