• 印刷する

外国人旅行者、今年は100万人見通し

カンボジア観光省は18日、2022年に同国を訪れる外国人旅行者が80万~100万人に達するとの見通しを示した。国内旅行者数は800万人と見ている。地元各紙(電子版)が伝えた。

観光省は、8月以降に東南アジア諸国や米国、日本、欧州などからの観光客が増加すると予想。海外からの旅行者数は、25年までに700万人を上回るとの見方を示した。国内旅行者数は23年に1,100万人となり、新型コロナウイルス禍以前の水準に戻ると見通した。

観光省の予測について、太平洋アジア観光協会(PATA)カンボジア支部のトゥーン・シナン支部長は、「新型コロナの変異株の発生などがなければ達成可能」と述べた。

一方、カンボジア・ホテル協会(CHA)のクレイス・チェンダ会長は、「昨年11月に外国人旅行者の受け入れを再開した後も、客室稼働率の伸びは低調にとどまっている」と説明した。新型コロナの感染拡大で収入が減少したカンボジア人の客足も、十分には戻っていないという。

1~4月にカンボジアを訪れた外国人旅行者は、前年同期比2.9倍の24万1,485人だった。国内旅行者は2.6倍の504万人に達した。

政府は17日、新型コロナ禍からの回復を支援するため、観光業界に1億5,000万米ドル(約192億円)を融資する計画を発表した。


関連国・地域: カンボジア
関連業種: 観光

その他記事

すべての文頭を開く

23年最低賃金、8月に3者協議開始へ(06/28)

カンボジアへ電力輸出、30年には6百万kW(06/28)

観光業2.2万人失業、廃業・休止は約1200社(06/28)

【日本の税務】海外赴任中の方へ贈与が行われる場合の課税関係(06/28)

地方選の得票確定、人民党が7割強で圧勝(06/28)

財政赤字額、21年はGDPの5.3%に拡大(06/27)

建設認可額、1~5月は60%減の9.5億ドル(06/27)

すべての文頭を開く

※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社NNAは一切の責任を負いません。

の記事は有料サービスご契約者様限定記事です。契約すると続きをお読みいただけます。契約されている方は、画面右側にある各種ログインからログインください。
無料トライアルはこちら
購読申し込みはこちら

NNAからのご案内

出版物

SNSアカウント

各種ログイン