• 印刷する

国民ID、発行枚数1千万枚を突破

フィリピン統計庁(PSA)は18日、国民ID(身分証明書)システムにより、4月30日時点で1,054万8,906枚の国民IDカードが交付されたと発表した。今年の目標枚数の33.7%に達したという。

デニス・マパ次官は、節目の1,000万枚を突破したことについて「登録者への配達に携わるフィリピン郵政公社(フィルポスト)や各地方事務所との共同作業の成果だ」と説明。「今後もあらゆる分野で国民IDシステムの運用を加速させていく」と語った。

統計庁は国民IDシステムの携帯アプリ開発にも取り組んでおり、カードがなくても政府機関の窓口や民間の取引で国民IDが利用できるようにしたい考えだ。国民IDカードが本物かどうかは「フィルシス・チェック」というシステムで確認できる。


関連国・地域: フィリピン
関連業種: IT・通信マクロ・統計・その他経済社会・事件

その他記事

すべての文頭を開く

テイクオフ:フランス産、イタリア産…(08/15)

トヨタ、移動事業で新会社 東南ア初、車両管理など収益源に(08/15)

ナンバー通行規制再導入、15日から(08/15)

運輸省、鉄道融資で中国と交渉再開(08/15)

山王、比子会社の資金流出で和解(08/15)

経済区庁、1~6月の投資認可30%減(08/15)

企業の資金調達、今年は2千億ペソ未満に(08/15)

中銀、仮想通貨業者の新規申請3年停止(08/15)

45年の高所得国入り目標、経済開発庁(08/15)

すべての文頭を開く

※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社NNAは一切の責任を負いません。

の記事は有料サービスご契約者様限定記事です。契約すると続きをお読みいただけます。契約されている方は、画面右側にある各種ログインからログインください。
無料トライアルはこちら
購読申し込みはこちら

NNAからのご案内

出版物

SNSアカウント

各種ログイン