自主防疫中の出勤、雇用主は拒否不可=労働部

台湾労働部(労働省)は18日、新型コロナウイルスワクチンを3回接種した人を対象に、濃厚接触者が行う「居家隔離」を免除し、7日間の「自主防疫」とする措置に関して、自主防疫期間中は抗原検査で陰性を確認した上で出勤が可能だと説明した。雇用主は出勤を拒否できないとしてい…

関連国・地域: 台湾
関連業種: 医療・医薬品マクロ・統計・その他経済雇用・労務社会・事件


その他記事

すべての文頭を開く

新型コロナの域内感染者、28日は4万4379人(15:25)

テイクオフ:週末に台北市中正区の南…(06/28)

電気料金、4年ぶり値上げへ 平均8.4%、大口需要家が主な対象(06/28)

【日本の税務】海外赴任中の方へ贈与が行われる場合の課税関係(06/28)

新型コロナの域内感染者、27日は2万8489人(06/28)

外資からSDP買い戻し、シャープのパネル事業(06/28)

6歳以下に検査キット無料提供、第2弾(06/28)

6カ月以上の乳幼児の接種提言、諮問委(06/28)

すべての文頭を開く

※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社NNAは一切の責任を負いません。

の記事は有料サービスご契約者様限定記事です。契約すると続きをお読みいただけます。契約されている方は、画面右側にある各種ログインからログインください。
無料トライアルはこちら
購読申し込みはこちら

NNAからのご案内

出版物

SNSアカウント

各種ログイン