大手銀、債権売却で資本効率を改善

ベトナムの大手銀行は5月上旬から数千億ドン(1,000億ドン=約430万米ドル、5億5,600万円)規模の債権の売却を進めている。企業の資金需要拡大を見越して、収益性の低い債権を処分し、資本効率を改善させる狙いがある。ベトナムネットが18日伝えた。 ヴィエティンバンク、ベトコ…

関連国・地域: ベトナム
関連業種: 金融


その他記事

すべての文頭を開く

銀行間市場で金利高止まり インフレ警戒、中銀の資金吸収で(08/11)

FLCファロス株停止回避へ、決算公開急ぐ(08/11)

マリタイム銀、中古貨物船を競争入札で売却(08/11)

不良債権処理システム再構築へ、行動計画策定(08/11)

裾野産業の国際供給網への参画、3割止まり(08/11)

米半導体投資法が成立、対中で競争力強化(08/11)

越製合板に反ダンピング税、米が暫定結果(08/11)

すべての文頭を開く

※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社NNAは一切の責任を負いません。

の記事は有料サービスご契約者様限定記事です。契約すると続きをお読みいただけます。契約されている方は、画面右側にある各種ログインからログインください。
無料トライアルはこちら
購読申し込みはこちら

NNAからのご案内

出版物

SNSアカウント

各種ログイン