シーの1~3月期、2部門低迷で赤字拡大

シンガポールのオンラインゲーム大手で、電子商取引(EC)大手ショッピーを傘下に持つシー(Sea)の2022年1~3月期決算は、純損益が5億8,010万米ドル(約750億円)の赤字となった。売り上げは好調だったが、主力であるゲーム部門とEC部門の両方で減益圧力が加わり、前年…

関連国・地域: シンガポール
関連業種: 金融IT・通信メディア・娯楽マクロ・統計・その他経済


その他記事

すべての文頭を開く

電気・ガス料金、7~9月は7~8%上昇(17:18)

脊椎手術ニューベイシブ、体験センター開所(16:17)

新規感染9392人、高水準続く(29日)(12:13)

テイクオフ:レストラン業界の関係者…(06/30)

上期IPO件数は前年比3倍 調達額2倍近く、SPAC解禁で(06/30)

貯蓄国債の利回り上昇、10年物は2.71%(06/30)

DBS銀行、住宅ローンの金利引き上げ(06/30)

すべての文頭を開く

※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社NNAは一切の責任を負いません。

の記事は有料サービスご契約者様限定記事です。契約すると続きをお読みいただけます。契約されている方は、画面右側にある各種ログインからログインください。
無料トライアルはこちら
購読申し込みはこちら

NNAからのご案内

出版物

SNSアカウント

各種ログイン