• 印刷する

テイクオフ:わが家はシドニーの駅近…

わが家はシドニーの駅近くの集合住宅にあり、子どもたちは駅を始発とするスクールバスで学校に通っている。長年地元のバスを利用しているため、多くのバスの運転手と顔見知りになった。スクールバスの運転手とは出発前の待ち時間に立ち話をし、それ以外のときでも、こちらを見かけると運転中に手を振ったりクラクションを鳴らしてあいさつをしてくれる。

しかし、ついにわが家も引っ越しを決心した。今の家が手狭になってきたからだ。12年も同じ場所に住んでいると、隣近所や地元とのつながりも強くなる。日課となったバスの運転手たちとのたわいない会話や、長年助け合ってきたご近所さんと離れると思うと寂しさが募る。

ところが、数日前に決まった新居は今の家から徒歩数分。バス停も同じだ。胸に抱えていた哀愁は吹き飛び、「地元民」を続けられることに歓喜している。(桜月)


関連国・地域: オーストラリア
関連業種: 社会・事件

その他記事

すべての文頭を開く

テイクオフ:最近、ある米国人男性が…(06/27)

豪家計資産、15兆$で過去最高 インフレでピークか(06/27)

オーストラリアからの送電、投資準備完了(06/27)

豪の空港、学校休暇中の利用者増加に注意を(06/27)

豪の財政赤字、法人税歳入増加で約半分に(06/27)

豪国税局、新プロトコルで秘匿特権乱用防止(06/27)

〔政治スポットライト〕豪財務相、改革に向け財務省スタッフを鼓舞(06/27)

電力市場が正式再開、7月の需要ピークが問題(06/27)

豪は1年以内に仮想通貨規制導入へ=専門家(06/27)

すべての文頭を開く

※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社NNAは一切の責任を負いません。

の記事は有料サービスご契約者様限定記事です。契約すると続きをお読みいただけます。契約されている方は、画面右側にある各種ログインからログインください。
無料トライアルはこちら
購読申し込みはこちら

NNAからのご案内

出版物

SNSアカウント

各種ログイン