• 印刷する

HCMメトロ3a号線、日本の技術導入提案

ベトナム南部ホーチミン市人民委員会はこのほど、都市鉄道(地下鉄、メトロ)3a号線(1区ベンタイン市場―ビンチャイン郡タンキエン間)建設計画案の提案説明書(最新版)を計画投資省に提出した。日本の技術導入の必要性が盛り込まれている。16日付ダウトゥ電子版が報じた。

3a号線は、2023年末にも完成が見込まれる都市鉄道1号線(ベンタイン市場―9区スオイティエン公園)と、ベンタイン市場で接続する。日本の技術を導入して建設した1号線と車両や信号、自動料金収受システム(AFC)などの重要なシステムの相互運用性を確保するためには、3a号線にも日本の技術が必要だとしている。

日本政府からの借款の可能性については、3a号線の協力準備調査を担当した国際協力機構(JICA)が、日本の技術や資機材を活用する本邦技術活用条件(STEP)の適用が最適との考えを表明している。適用条件の緩和の検討は日本政府の決定によるが、緩和される可能性は低いとの見方を示した。

路線は全長19.66キロメートルで、総事業費は3,166億3,000万円。第1期でベンタイン―ハイテク医療区間(2,117億2,000万円)、第2期ではハイテク医療区―タンキエン間(1,049億円)を建設する計画だ。


関連国・地域: ベトナム日本
関連業種: 運輸マクロ・統計・その他経済

その他記事

すべての文頭を開く

鉄鋼価格、2カ月連続で下落 台湾系大手は15%、依然先安観(06/28)

カンボジアへ電力輸出、30年には6百万kW(06/28)

【日本の税務】海外赴任中の方へ贈与が行われる場合の課税関係(06/28)

ビンファスト、EVピックアップ投入も視野(06/28)

不動産融資規制強化へ通達起草、国家銀(06/28)

保険業の利益、2Qは減少=SSI予測(06/28)

工業団地の環境対応を指数化、計投省が検討(06/28)

すべての文頭を開く

※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社NNAは一切の責任を負いません。

の記事は有料サービスご契約者様限定記事です。契約すると続きをお読みいただけます。契約されている方は、画面右側にある各種ログインからログインください。
無料トライアルはこちら
購読申し込みはこちら

NNAからのご案内

出版物

SNSアカウント

各種ログイン