「在宅勤務の継続」国内企業のわずか15%

韓国求人サイトのサラミンが、国内企業800社を対象に在宅勤務の実施状況について調査したところ、新型コロナウイルス禍で在宅勤務を行ったことがある企業は53.0%だった一方、「今後在宅勤務を維持する計画」とした企業は15.0%にとどまった。 コロナ禍で在宅勤務やリモートワーク…

関連国・地域: 韓国
関連業種: マクロ・統計・その他経済雇用・労務


その他記事

すべての文頭を開く

テイクオフ:韓国人の9割が利用する…(08/10)

過激労組が企業の重荷に 運送の支障深刻、銀行もスト予告(08/10)

【アジアの鉄道】(第5回)中国(4)中欧班列 欧州と直結、新たな「シルクロード」の登場(08/10)

新規感染者15万人弱、死者40人増(08/10)

ケッペル、韓国の廃棄物管理企業を買収(08/10)

中国向け半導体装置輸出、1~6月は52%減(08/10)

スマホ有機EL・DDI、韓国がシェア8割(08/10)

電池各社が恩恵か、米インフレ抑制法案可決(08/10)

現代自のエコカー販売、国内で100万台突破(08/10)

すべての文頭を開く

※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社NNAは一切の責任を負いません。

の記事は有料サービスご契約者様限定記事です。契約すると続きをお読みいただけます。契約されている方は、画面右側にある各種ログインからログインください。
無料トライアルはこちら
購読申し込みはこちら

NNAからのご案内

出版物

SNSアカウント

各種ログイン