• 印刷する

テイクオフ:確かそんなことを書いた…

確かそんなことを書いたなと思い、過去のテイクオフを検索してみる。2005年3月なのでもう17年前か。「韓国人と親しくなるためには」と書き起こし、酒の効用について語っている。

「飲んで死のう!」と乾杯した日には必ず地獄を見る。80年代前半までの「夜間外出禁止令」や90年代後半の通貨危機の時代はネオンが消え、夜は死に等しかった。「飲んで死ねる」のはこの国が平和な証だと文章は続く。「死」と聞くと胸がざわつく。今年の検診の大腸内視鏡検査で腫瘍が見つかり、手術を受けた。医師にはがんの一歩手前だったと告げられた。命を拾った。

コロナ禍がエンデミックに近づき、さまざまな縛りが解けている。だから金曜の夜、酒場に出た。酒はダメと言われたので、写真をパチリ。せめてものなぐさめに、赤い花越しのトレンチコートを着た淑女の千鳥足を撮った。(葉)


関連国・地域: 韓国
関連業種: 社会・事件

その他記事

すべての文頭を開く

韓国との経済連携協定、7月にも批准承認(06/24)

インフレで賃上げ圧力強まる サムスンやSK、賃金交渉難航へ(06/24)

新規感染者7497人、死者14人増(06/24)

サムスン、最小画素サイズのセンサー公開(06/24)

サムスン電機、内外の半導体基板工場を増強(06/24)

スターリンク、23年にも韓国でサービスか(06/24)

欧州R&D組織、韓国がアジア初の正会員に(06/24)

すべての文頭を開く

※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社NNAは一切の責任を負いません。

の記事は有料サービスご契約者様限定記事です。契約すると続きをお読みいただけます。契約されている方は、画面右側にある各種ログインからログインください。
無料トライアルはこちら
購読申し込みはこちら

NNAからのご案内

出版物

SNSアカウント

各種ログイン