EUの経済制裁、政府「大きな影響なし」

欧州連合(EU)が2020年8月に決定したカンボジアの輸出品に対する関税優遇措置の一部停止について、同国政府は国内経済に大きな影響を与えていないとの見方を改めて強調した。学界の一部も同様の見解を示しているが、労働組合などは最大の輸出先である欧州との経済関係改善に努…

関連国・地域: カンボジア欧州
関連業種: マクロ・統計・その他経済政治


その他記事

すべての文頭を開く

23年最低賃金、8月に3者協議開始へ(06/28)

カンボジアへ電力輸出、30年には6百万kW(06/28)

観光業2.2万人失業、廃業・休止は約1200社(06/28)

【日本の税務】海外赴任中の方へ贈与が行われる場合の課税関係(06/28)

地方選の得票確定、人民党が7割強で圧勝(06/28)

財政赤字額、21年はGDPの5.3%に拡大(06/27)

建設認可額、1~5月は60%減の9.5億ドル(06/27)

すべての文頭を開く

※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社NNAは一切の責任を負いません。

の記事は有料サービスご契約者様限定記事です。契約すると続きをお読みいただけます。契約されている方は、画面右側にある各種ログインからログインください。
無料トライアルはこちら
購読申し込みはこちら

NNAからのご案内

出版物

SNSアカウント

各種ログイン