輸入冷延鋼板の関税維持、ポスコは恩恵否定

ベトナム商工省は4月、一部の輸入ステンレス冷延鋼板への反ダンピング(不当廉売)措置を維持する決定625号(625/QD―BCT)を発出した。これにより、同製品で国内最大手の韓国系ポスコVSTなどが恩恵を受ける可能性が高いが、同社は市場独占を狙っているとの批判に反論して…

関連国・地域: 中国台湾韓国ベトナムマレーシアインドネシア
関連業種: 鉄鋼・金属マクロ・統計・その他経済


その他記事

すべての文頭を開く

鉄鋼価格、2カ月連続で下落 台湾系大手は15%、依然先安観(06/28)

カンボジアへ電力輸出、30年には6百万kW(06/28)

【日本の税務】海外赴任中の方へ贈与が行われる場合の課税関係(06/28)

ビンファスト、EVピックアップ投入も視野(06/28)

不動産融資規制強化へ通達起草、国家銀(06/28)

保険業の利益、2Qは減少=SSI予測(06/28)

工業団地の環境対応を指数化、計投省が検討(06/28)

すべての文頭を開く

※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社NNAは一切の責任を負いません。

の記事は有料サービスご契約者様限定記事です。契約すると続きをお読みいただけます。契約されている方は、画面右側にある各種ログインからログインください。
無料トライアルはこちら
購読申し込みはこちら

NNAからのご案内

出版物

SNSアカウント

各種ログイン