• 印刷する

パティンバン港、第2期円借款で交換公文

日本の外務省は4月28日、インドネシア西ジャワ州スバン県のパティンバン港の拡張を目的とした円借款に関する書簡を、インドネシア政府と交わしたと発表した。日本政府は2017年11月に第1期として限度額1,189億円を供与しており、パティンバン港のコンテナターミナルや自動車ターミナルなどの整備を継続的に支援する。

第2期借款の限度額は701億9,500万円で、日本タイド(ひもつき)が調達条件。

パティンバン港の自動車ターミナルは、21年12月に豊田通商グループの100%出資子会社が参画する形で本格運営を開始している。

外務省は声明で、ジャカルタ首都圏唯一の国際港湾のタンジュンプリオク港が経済成長に伴い、25年のコンテナ需要(予測値1,024万TEU=20フィートコンテナ換算)に対応できなくなる見込みだと指摘。首都圏東部に製造拠点を有する日系企業を含む多くの事業者にとって、貨物交通量の分散を図ることが強く期待されていると支援の背景を説明した。

金杉憲治駐インドネシア日本大使(左)は、パティンバン港の第2期借款に関して、インドネシア政府との交換公文の署名を行った=4月28日、ジャカルタ(在インドネシア日本大使館提供)

金杉憲治駐インドネシア日本大使(左)は、パティンバン港の第2期借款に関して、インドネシア政府との交換公文の署名を行った=4月28日、ジャカルタ(在インドネシア日本大使館提供)


関連国・地域: インドネシア日本
関連業種: 自動車・二輪車運輸マクロ・統計・その他経済政治

その他記事

すべての文頭を開く

テイクオフ:マスクの着用義務を緩和…(05/23)

洋菓子の新業態店がハノイに 麦の穂、5年で海外300店目標(05/23)

【この人に聞く】ペットボトル回収業を収益化 新興企業、全方位の循環経済へ(05/23)

入国上限2万人に、世界の8割が検査免除(05/23)

パーム油、輸出再開で国内供給義務を再導入(05/23)

特定技能滞在6万4千人に、見込みより低調(05/23)

初の電動バス自動運転実証、JICA事業(05/23)

きょうIPEF発足、半導体など供給網強化(05/23)

新首都の入札規定、国産品や地元資材を優先(05/23)

すべての文頭を開く

※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社NNAは一切の責任を負いません。

の記事は有料サービスご契約者様限定記事です。契約すると続きをお読みいただけます。契約されている方は、画面右側にある各種ログインからログインください。
無料トライアルはこちら
購読申し込みはこちら

NNAからのご案内

出版物

SNSアカウント

各種ログイン