• 印刷する

テイクオフ:香港の次期行政長官に、…

香港の次期行政長官に、警察出身の李家超(ジョン・リー)前政務長官が当選した。こんな展開になることを1年前に予想していた人は、恐らくほとんどいなかったのではないだろうか。そもそも2021年6月に政務長官に起用されたことが、多くの人々にとって驚きの人事だったのだから。

当選を決めた李氏が早速行わねばならないのは政務、財政、司法の3長官はじめ、行政会議(行政長官の諮問機関で事実上の閣議に相当)メンバーなどの人選、いわば「組閣」だ。李氏は治安優先色が濃厚ゆえ、政務長官や検察を所管する司法長官に誰を起用するかが大きな注目点だが、経済に疎いとみられるだけに、経済政策の司令塔となる財政長官の人事も見逃せない。

今後、「組閣人事」のニュースが香港メディアをにぎわすだろう。果たしてあるだろうか。誰もがあっと驚くような人物の起用は。(和)


関連国・地域: 香港
関連業種: マクロ・統計・その他経済政治社会・事件

その他記事

すべての文頭を開く

テイクオフ:苦節1年、前赴任地のイ…(08/15)

通年GDPマイナス成長か 0.5%減も、政府が予測引き下げ(08/15)

週末3日間、感染5000人超えの日も(08/15)

隔離撤廃はデータに基づき、医務衛生局長(08/15)

香港の人口1.6%減の729万人、流出続く(08/15)

トリドール、香港の丸亀製麺を直営化(08/15)

香港と青森県、経済連携で覚書(08/15)

PCCW系テレビ局、W杯の放映権獲得(08/15)

続伸、ハンセン指数は0.5%高=香港株式(08/15)

すべての文頭を開く

※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社NNAは一切の責任を負いません。

の記事は有料サービスご契約者様限定記事です。契約すると続きをお読みいただけます。契約されている方は、画面右側にある各種ログインからログインください。
無料トライアルはこちら
購読申し込みはこちら

NNAからのご案内

出版物

SNSアカウント

各種ログイン