• 印刷する

21年の豪への中国投資、関係悪化響き70%減

2021年の中国のオーストラリアへの投資は6億米ドル(約771億円)と前年の19億米ドルから70%減少したことが、会計大手KPMGとシドニー大学ビジネススクールの調査で分かった。二国関係の冷却化に加え、新型コロナウイルス流行が響いた。資源ブームでピーク時の08年は162億米ドルだった。オーストラリアン・ファイナンシャル・レビューが伝えた。

中国からの投資は5年連続で減少しており、23億6,000万米ドルだった19年も、前年の62億4,000万米ドルから半分以上減少している。

中国は、16年に国内経済促進のため国外への資金流出規制を始めており、一方のオーストラリアも中国からの投資について監視を強めてきた。過去15年間の中国による外国投資では、オーストラリアは依然として米国に次いで2番目に多いものの、オーストラリアの中国資本は大きく消失している。

数年前はヘルスケアとアグリビジネスが中国投資の多くを占めたが、昨年は資源部門の取引4件が70.1%を占め、商業不動産が26.7%だった。

豪中関係の悪化により、中国人投資家はオーストラリアでの取引に慎重になっているとされている。同調査の共同著者であるシドニー大のヘンドリシュケ教授は、中国企業による国内の活動は続くが、ビジネス環境も政治に左右されていると指摘した。


関連国・地域: 中国オーストラリア
関連業種: 金融天然資源マクロ・統計・その他経済政治

その他記事

すべての文頭を開く

豪5月小売売上高増加続く、物価上昇の影響も(18:17)

豪消費者のBNPL利用額、119億$に急増(18:17)

テイクオフ:同じ国ながら、シドニー…(06/29)

豪人口、移民が過半数に 出身国は印が中国とNZ上回る(06/29)

豪人口、ミレニアルがベビーブーマー超えへ(06/29)

豪の男女賃金格差、どの年代も依然解消せず(06/29)

日系人材開発ウィルソンラーニング、豪部門清算(06/29)

すべての文頭を開く

※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社NNAは一切の責任を負いません。

の記事は有料サービスご契約者様限定記事です。契約すると続きをお読みいただけます。契約されている方は、画面右側にある各種ログインからログインください。
無料トライアルはこちら
購読申し込みはこちら

NNAからのご案内

出版物

SNSアカウント

各種ログイン