• 印刷する

テイクオフ:口頭で名前やアドレスを…

口頭で名前やアドレスを伝えるときに、発音によるスペル間違いを防ぐためアルファベットを「A for Apple」といった形でわかりやすく伝えることが多々ある。ネーティブだと誰もがよく使う例えがなんとなくあるそうだが、そうでないと慣れていないため、とっさに例が出てこなくて焦ることもある。

先日も日本食レストランで、スペルを復唱しますと言われ最初に出てきた例が「K for コアラ(Koala)」だった。かわいい例えだなと思っていると、次に「E for エレファント(Elephant)」と言われ、また動物だなと思いつつ次はRだったので、うさぎのラビット(Rabbit)が来るだろうと予想していた。

「R for…」と言った後、間がありどうやら浮かばないらしい。悩んだ末に出てきたのは「R for ロブスター(Lobster)」だった。それは「L」です。ソコ、確かに日本人の弱点ですが……。(花坊)


関連国・地域: オーストラリア
関連業種: 社会・事件

その他記事

すべての文頭を開く

テイクオフ:オーストラリアには諜報…(05/23)

豪労働党、9年ぶりに政権奪回 76議席で単独政権か(05/23)

〔政治スポットライト〕無所属と緑の党、気候変動対策公約で躍進(05/23)

〔政治スポットライト〕新政権は貿易重視の対中外交を=豪財界(05/23)

豪小売業界の株価が急落、インフレが圧力に(05/23)

外務省、英豪の外交関係格下げに同様の対応(05/23)

日米豪印、5G連携強化へ(05/23)

ガソリン価格、燃料税軽減でも2$突破(05/23)

豪コンテナ企業SCF、売却を棚上げ(05/23)

すべての文頭を開く

※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社NNAは一切の責任を負いません。

の記事は有料サービスご契約者様限定記事です。契約すると続きをお読みいただけます。契約されている方は、画面右側にある各種ログインからログインください。
無料トライアルはこちら
購読申し込みはこちら

NNAからのご案内

出版物

SNSアカウント

各種ログイン