• 印刷する

来月から入国者に抗原検査、PCRは廃止

タイ政府の新型コロナウイルス感染症対策センター(CCSA)は8日の会議で、新型コロナウイルス感染症対策のため入国者に義務付けている到着日のPCR検査を5月1日から抗原検査に変更する計画を原則的に承認した。検査の簡易化によって、旅行者増につなげる狙い。バンコクポストが9日報じた。

サティット保健副大臣によると、抗原検査への変更は保健省が提案した。現行のPCR検査は、入国前に予約したホテルで実施し、旅行者は結果が判明するまで、そのホテルで待機する必要がある。抗原検査は到着した空港で実施し、15~30分で結果が判明するため、ホテル予約の必要がなくなる。

プラユット首相は会議後、来月から入国規制をさらに緩和するとの方針を示し、「公衆衛生と経済を両立させるため、最善を尽くす」と述べた。今後の入国規制の緩和について、CCSAのタウィーシン報道官は、「タイ正月(ソンクラーン)後の感染状況に応じて判断することになる」との見通しを示した。

政府は昨年11月から入国規制を段階的に緩和しており、今月1日には渡航前のPCR検査の陰性証明提示を撤廃した。規制緩和を受け、今年第1四半期(1~3月)の外国人旅行者数は47万人となり、昨年通年の42万人を上回った。


関連国・地域: タイ
関連業種: 医療・医薬品運輸観光マクロ・統計・その他経済社会・事件

その他記事

すべての文頭を開く

テイクオフ:タイでは1932年6月…(06/29)

国境貿易、5月も対中低迷 対タイはガス輸出の好調継続(06/29)

食品デリバリー、市況に変化 コロナ後の利用減や燃料費高騰で(06/29)

感染者1761人、死者は2月以降で最少(28日)(06/29)

クオンタム、EV量産へトライアル車が完成(06/29)

グリーンライン延伸区間、近く料金徴収開始(06/29)

金宝電子、タイで新たに3工場が稼働へ(06/29)

ハチソン、レムチャバン港新埠頭に荷役設備(06/29)

MRTブルーライン、運賃4円引き上げ方針(06/29)

すべての文頭を開く

※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社NNAは一切の責任を負いません。

の記事は有料サービスご契約者様限定記事です。契約すると続きをお読みいただけます。契約されている方は、画面右側にある各種ログインからログインください。
無料トライアルはこちら
購読申し込みはこちら

NNAからのご案内

出版物

SNSアカウント

各種ログイン