• 印刷する

人口政策に重点か、中国の新5カ年計画

来年から始まる中国の第13次5カ年計画(2016~20年)は、経済成長率よりも人口政策に重点が置かれるとの観測が出ている。背景には、急速な高齢化社会の進行と労働力人口の減少に対する中国政府の危機感がうかがえる。

財経網などが21日、外電を引用して伝えた。新5カ年計画では人口政策の重要性が強調され、医療や高齢者対策、社会福祉などに関する一連の改革が進められる見通し。いわゆる「一人っ子政策」のさらなる緩和が行われる可能性もある。

中国では15~59歳の生産年齢人口が12年から3年連続で減少しており、出稼ぎ労働者(農民工)数も4年連続で伸びが鈍化した。豊富な労働力が経済成長を支える「人口ボーナス」の状態は失われつつあり、近い将来に「超高齢社会」へ突入して経済発展が著しく妨げられるとの懸念もある。

中国共産党と政府は13年、夫婦いずれかが一人っ子なら第2子を出産できるよう一人っ子政策を緩和した。ただ、専門家からは「改革の進め方が慎重すぎる。直ちに出産制限から出産奨励へ転換しなければならない」(北京大学人口研究所の穆光宗教授)との声も出ている。

■成長率目標は6.5%に引き下げか

第13次5カ年計画では、経済成長率については目標を軟化させる見通しで、今年の目標である「7%前後」より弱く、さらに柔軟性を持たせた「6.5~7%」に設定する可能性がある。一方で経済に占めるサービス業の比重や雇用関連の指標、科学技術への投資、微小粒子状物質「PM2.5」など環境関連の指標が従来よりも重視されるとみられる。<全国>


関連国・地域: 中国-全国
関連業種: マクロ・統計・その他経済雇用・労務社会・事件

その他記事

すべての文頭を開く

テイクオフ:近ごろ、広州市内のあち…(10/20)

7割が中国に追加投資せず 工総の企業調査、コロナが打撃(10/20)

1~9月GDPは0.7%増 プラスに転換、3Qは4.9%増(10/20)

中国での資産譲渡に新規制、回帰投資阻害か(10/20)

1~9の固定資産投資、今年初のプラス転換(10/20)

鴻海と和碩、iPhone生産要員確保で奨励金(10/20)

3Qの設備稼働率76.7%、前年水準上回る(10/20)

9月のエネルギー生産、原炭は0.9%減(10/20)

ウエストパック銀、中国などアジアから撤退(10/20)

すべての文頭を開く

※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社NNAは一切の責任を負いません。

の記事は有料サービスご契約者様限定記事です。契約すると続きをお読みいただけます。契約されている方は、画面右側にある各種ログインからログインください。
無料トライアルはこちら
購読申し込みはこちら

NNAからのご案内

出版物

SNSアカウント

各種ログイン