• 印刷する

2月の6空港利用者、国際線がけん引し倍増

タイ空港公社(AOT)が発表した2022年2月の国内主要6空港の利用者数は、前年同月比93.8%増の267万1,417人だった。新型コロナワクチン接種済みの旅行者を対象にした隔離なしの入国制度「テスト・アンド・ゴー(Test&Go)」を2月1日に再開したことが、外国人旅行者の空港利用の大幅な増加につながったとみられる。タイ政府が宿泊費や航空運賃などの国内旅行費用を補助する「ウィー・トラベル・トゥギャザー」も国内線の利用を押し上げた。

利用者の内訳は国際線が7.6倍の41万7,878人、国内線が70.3%増の225万3,539人だった。

空港別では、首都バンコク近郊のスワンナプーム国際空港が2.4倍の98万9,161人で最多。このうち国際線が4.9倍の27万149人、国内線が97.1%増の71万9,012人だった。

1~2月の6空港の利用者は、前年同期比2.3倍の562万2,778人。国際線が7.1倍の88万3,114人、国内線が2.1倍の473万9,664人だった。

2月24日に始まったロシアによるウクライナ侵攻がタイの旅行需要に与える影響が懸念されており、3月以降は再び空港利用者が減少に転じる可能性もある。


関連国・地域: タイ
関連業種: 運輸マクロ・統計・その他経済

その他記事

すべての文頭を開く

3空港高速鉄道、来年1月に着工見通し(06/24)

電子部品の余剰在庫ゼロへ 商社コアスタッフ、委託販売開始(06/24)

新規の感染者2299人、死者は18人(23日)(06/24)

〔アジア人事〕ゼロなど(06/24)

5月車輸出は3%減の7.7万台、バイクは増(06/24)

5月の車生産は8%減、乗用車が不振(06/24)

ラオスから電力輸入開始、4カ国間取引で(06/24)

すべての文頭を開く

※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社NNAは一切の責任を負いません。

の記事は有料サービスご契約者様限定記事です。契約すると続きをお読みいただけます。契約されている方は、画面右側にある各種ログインからログインください。
無料トライアルはこちら
購読申し込みはこちら

NNAからのご案内

出版物

SNSアカウント

各種ログイン