メコン川でダム開発が加速 タイ企業関与、水環境への懸念も

タイ企業がメコン川の水力発電所(ダム)開発に積極的に関与している。タイ政府が2050年までに達成を目指している温暖化ガス排出量を実質ゼロにするカーボンニュートラル(炭素中立)を後押しする。ただメコン川の乱開発は、下流域の水環境のさらなる悪化につながり、人々の生計が…

関連国・地域: 中国タイラオス
関連業種: 天然資源


その他記事

すべての文頭を開く

石油基金、赤字額が過去最高3960億円(18:19)

テイクオフ:23日にタイ政府がマス…(06/28)

北部とバンコク結ぶ航空路線、運航再開(06/28)

中銀、8月と11月に利上げか 車や住宅の販売に逆風の可能性(06/28)

中国・タイ通貨での決済拡大を協議、中銀(06/28)

【日本の税務】海外赴任中の方へ贈与が行われる場合の課税関係(06/28)

新規の感染者1735人、死者15人(27日)(06/28)

すべての文頭を開く

※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社NNAは一切の責任を負いません。

の記事は有料サービスご契約者様限定記事です。契約すると続きをお読みいただけます。契約されている方は、画面右側にある各種ログインからログインください。
無料トライアルはこちら
購読申し込みはこちら

NNAからのご案内

出版物

SNSアカウント

各種ログイン