• 印刷する

日本直行便再開に期待感、岸田首相来訪で

カンボジア民間航空局(SSCA)は、20日に予定されている岸田文雄首相のカンボジア訪問が日本との直行便再開につながることに期待を示した。カンボジアは以前から、日本に対して国際便の運航再開を繰り返し要求していた。プノンペン・ポスト(電子版)などが14日に伝えた。

民間航空局の報道官は14日、日本との間で直行便の再開について2021年12月に暫定合意したが、カンボジア側の要求にもかかわらず、まだ実現してしていないとコメント。「岸田首相の来訪が、運航再開のきっかけになる」ことに期待感を表明した。

報道官は、航空需要の減少や日本の厳格な新型コロナウイルス感染対策が再開遅延につながっていると指摘。カンボジアが21年末から国際線の全面再開に踏み切ったことなどを考慮すると、日本側も同様の措置を講じる可能性も高いとの見方を示した。

カンボジア旅行代理店協会(CATA)のホー・バンディ顧問も、多くの企業が日本との直行便の運航再開を要望していると述べ、政府の交渉を注視している。

■自衛隊が来訪

海上自衛隊は、カンボジア海軍との友好親善を図り、相互理解を深めるため、カンボジアに一部隊を派遣した。派遣したのは、第1掃海隊司令の野口泰志1等海佐が率いる「インド太平洋・中東方面派遣(IMED21)部隊」の掃海母艦「うらが」と掃海艦「ひらど」。部隊は15日、南部シアヌークビル港に到着し、カンボジア海軍と親善訓練を実施し、日本の国連平和維持活動(PKO)30周年を祝福する式典に出席した。

クメール・タイムズ(電子版)によると、同式典にはティア・バン副首相兼国防相や三上正裕駐カンボジア日本大使らが参列。ティア・バン氏は「自衛隊が実施したPKO活動に感謝している」と述べた。

日本政府は1992年、カンボジアでの停戦監視などのPKO活動に自衛隊を派遣した。カンボジアは自衛隊にとって、最初のPKO対象国だった。


関連国・地域: カンボジア日本
関連業種: 政治

その他記事

すべての文頭を開く

林外相、ソコン副首相と関係緊密化で合意(08/08)

フンセン首相、ブリンケン米国務長官と会談(08/08)

中国との外相会談、国際問題に協力で合意(08/08)

ミャンマーの脅しに屈す、共同声明骨抜き(08/08)

国軍の出席困難、ASEAN議長国が表明(08/08)

ミャンマー人搾取、防止急務 高まる海外就労意欲と日本(2)(08/05)

サル痘の濃厚接触者5人、全員が検査で陰性(08/05)

すべての文頭を開く

※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社NNAは一切の責任を負いません。

の記事は有料サービスご契約者様限定記事です。契約すると続きをお読みいただけます。契約されている方は、画面右側にある各種ログインからログインください。
無料トライアルはこちら
購読申し込みはこちら

NNAからのご案内

出版物

SNSアカウント

各種ログイン