• 印刷する

高齢者の消費が50年に106兆元へ、26倍規模

第一財経日報(電子版)によると、中国の高齢者の年間消費は2050年に106兆元(約1,930兆円)に達する見通しだ。14年の4兆元から26倍以上に増える計算で、高齢者向け製品やサービスの需要が大きく拡大することになる。介護サービスなどの分野では、外資が中国投資を強化する動きがある。

高齢者の増加が消費の拡大を後押しする。中国の65歳以上の人口は20年に1億9,064万人となり、10年前から7,170万人増えた。長寿化なども相まって、65歳以上の人口は今後も急速に増える見通し。高齢者1人当たりの消費も経済成長に伴って増えることが予想される。

ただ、高齢者向け製品やサービスの供給は不足している状況。欧州系ファンドの中国投資部門のトップを務める陳永嵐氏は「中国のシルバー産業の潜在的な需要は巨大」だとした上で、供給面はまだ整備されておらず、需給に大きな問題を抱えていると指摘した。

中でも、リハビリ器具など高齢者の生活を支える製品、医薬品、医療サービスなどは今後の発展が必要になるとみている。

■フランスの介護事業者が続々投資

中国のシルバー産業の供給整備が急がれる中、介護サービスなどの分野では外資の参入が活発化している。

フランスの高齢者介護事業者は18年ごろから相次ぎ中国市場に参入。フランスと中国の両政府が18年にシルバー産業分野の協力強化で合意したことが、対中投資を後押しした形だ。

陳氏は「介護・医療産業などの分野では、中国はまだ先進国から学ばなくてはいけない段階」と説明。今後も先進国からの投資を呼び込む必要があるとの見方を示した。


関連国・地域: 中国-全国欧州
関連業種: 医療・医薬品その他製造サービスマクロ・統計・その他経済

その他記事

すべての文頭を開く

中小企業、「人材採用凍結」2割=民間調査(06/24)

指定施設の隔離、短縮の動き 最短7日、国際線の増便も進む(06/24)

〔アジア人事〕ゼロなど(06/24)

車消費喚起へ新たな措置、4兆円効果見込む(06/24)

豪印、中国にらみ協力強化 両国の国防相が会談(06/24)

6月の新車販売回復、減税効果と指摘(06/24)

EV用電池の原料確保へ提携進む、資源高で(06/24)

すべての文頭を開く

※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社NNAは一切の責任を負いません。

の記事は有料サービスご契約者様限定記事です。契約すると続きをお読みいただけます。契約されている方は、画面右側にある各種ログインからログインください。
無料トライアルはこちら
購読申し込みはこちら

NNAからのご案内

出版物

SNSアカウント

各種ログイン