• 印刷する

【アジアで会う】加藤智久さん Zuitt創業者 第383回 世界に通用する人材を育てる(フィリピン)

かとう・ともひさ 1980年、名古屋市生まれ。開成高等学校に在学中、大前研一氏の社会起業・政策学校「一新塾」に最年少で参加。一橋大学在学中に休学してITベンチャーで働き、卒業後はモニター・グループ(現モニターデロイト)に入社。2007年に退職し、オンライン英会話レアジョブを創業する。16年にプログラミング教室のTuitt(現Zuitt)を立ち上げた。

ビデオ通話「スカイプ」を利用したオンライン英会話「レアジョブ」を27歳で起業した。当時異色だったフィリピン人講師との格安マンツーマン英会話は反響を呼び、14年に東証マザーズに上場した。経営からは引退していたものの、20年には東証一部にも上場を果たした。

現在はフィリピンに拠点を置く。事業は英会話からエンジニア育成へ。「フィリピン人の可能性に火を付けたい」という情熱が原動力になっている。

■とらわれない人生を歩む

東京の名門私立、開成中学・高校に通いながら、「いい大学に入り、いい会社に就職する」という型通りの人生に違和感を覚えていた。新しい知識を得ようと本を読みあさる中、偶然手にしたのが、経営コンサルタントの大前研一氏の著書だった。

大前氏が設立した政策学校「一新塾」に高校3年生で入塾し、大人たちに囲まれて夜間学んだ。現職の政治家や冒険家らの講演に心を揺さぶられ、「自らレールを敷く人生を歩んでみたい」と考える転機となる。

起業への意識を高めたのは、大学1年目に飛び込んだベンチャー企業での経験だ。休学して正社員になり、ウェブ広告事業を任された。規模を拡大していく中で業務が追い付かず、外注したシステム開発会社オン・ザ・エッジ(後のライブドア)に1,000万円相当の損失をもたらした。謝罪しに同社を訪れるも、「過ぎたことは仕方ない。同じ過ちをしないため一緒に考えよう」と放った、当時の堀江貴文社長の度量の大きさを目の当たりにした。

勤務先には優秀な人材が集まっていたのに、なぜ同じ業界でも堀江氏の会社のように成功できなかったのか。「波が盛り上がる場所を見極めて乗ることができなかったから」だと推測した。今後誰もが認知し、当たり前になるであろう波を探した。卒業旅行のメキシコで出会い、当時認知度の低かった無料のオンライン通話サービス「スカイプ」に目を付けたことが、起業へのカギとなる。

大学卒業後、モニター・グループに入社してからも頭の中は起業でいっぱいだった。オンライン英会話事業の立ち上げに向けた仲間との会議は、いつも深夜まで働いたあと。休暇を活用して訪れたフィリピン大構内で貼り紙を使って講師を探した。試験運用では有料顧客がわずか3人。それでも、試行錯誤している時間が楽しくて仕方がない。このままいまの会社にいるべきではないと決意を固め、起業の道へと進むことにした。

創業当時、オンライン英会話は7~8社のみ。レアジョブは主流だったチケット制から月額のサブスクリプション制にし、口コミの広がりとともに業界をけん引した。経営から引退するまでに講師陣は3,000人、生徒数は数十万人規模に拡大した。

■2度目の起業、集中研修にヒント

上場企業の経営者にとって、株価を上げることはやりがいでもある。だが「単純にそこに興味を持てなかった」。創業時のワクワクする思いは、優秀なフィリピン人に機会を提供することができると信じたから。これを再燃させたのが、レアジョブの採用施策として実施したエンジニア向け集中研修だった。10人の枠に対して1,000人が応募し、採用者はその後エンジニアとして活躍した。収益事業とすべくレアジョブの経営から退き、フィリピンで2度目の起業に至る。

3カ月間のプログラミング集中研修は、価格を欧米企業の10分の1程度に設定したが、分割後払い制も導入した。「当地には義理人情の精神が根強い。関係性を構築し、人生を変えられたのであればきちんと返ってくる」。2,000人を教育し、エンジニアとして300社以上に就職させるまでに伸ばした。現在は企業向けのエンジニア採用支援も手掛けている。

さらなる即戦力を育てるため、新卒エンジニアからシニアエンジニアへの育成と仕事の機会提供により、日本企業のIT内製化を後押しする計画も立てている。引き合いは多く、自社で3,000人のエンジニアを抱えたいという企業もある。応え得るだけの若年人口はここにあるはず。

新型コロナウイルス禍、どこで開発するかは意味をなさなくなった。「ウェブアプリ開発などでは、コミュニケーション能力やチームワーク能力が重宝される。フィリピン人の強みでもあり、世界で活躍できるポジションにいる」。フィリピンと関わって約15年経つが、その可能性はまだ底が見えない。(フィリピン版編集・大堀真貴子)


関連国・地域: フィリピン
関連業種: 社会・事件

その他記事

すべての文頭を開く

岸田首相、マルコス氏と電話会談(05/20)

中銀、0.25%利上げ 3年半ぶり、物価高を警戒(05/20)

トウモロコシ高値で推移、国際需要高まりで(05/20)

比自工会、輸入EVの関税免除を支持(05/20)

経済界、今国会での重要法案成立を要請(05/20)

改正外国投資法、細則案を作成(05/20)

複数エコノミスト、比GDP予測引き上げ(05/20)

すべての文頭を開く

※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社NNAは一切の責任を負いません。

の記事は有料サービスご契約者様限定記事です。契約すると続きをお読みいただけます。契約されている方は、画面右側にある各種ログインからログインください。
無料トライアルはこちら
購読申し込みはこちら

NNAからのご案内

出版物

SNSアカウント

各種ログイン