中国恒大、分割案浮上

【北京共同】米ブルームバーグ通信は27日、経営危機に陥っている中国不動産大手、中国恒大集団(広東省深セン市)について中国当局が分割を検討していると報じた。不動産管理と電気自動車(EV)部門を除く資産の大半を売却し、拡大路線で肥大化した「帝国」を解体する。事情に詳…

関連国・地域: 中国-深セン
関連業種: 自動車・二輪車建設・不動産マクロ・統計・その他経済


その他記事

すべての文頭を開く

テイクオフ:ついにこの日が来た。高…(05/26)

経済対策、コロナ払拭は困難 今年4%成長か、インフラに依存(05/26)

豪新政権、太平洋外交を強化 外相がフィジー訪問、中国けん制(05/26)

コロナ国内感染、7日連続の百人台(05/26)

重慶―マンダレー間、鉄道利用の新輸送路(05/26)

人民銀、金融機関の貸し出しを促進(05/26)

〔ミ島通信〕鉄道事業、現政権で着工困難(05/26)

QCフリート、東風小康製のEVバンを投入(05/26)

中央政府、遊休資産活用で投資拡大(05/26)

すべての文頭を開く

※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社NNAは一切の責任を負いません。

の記事は有料サービスご契約者様限定記事です。契約すると続きをお読みいただけます。契約されている方は、画面右側にある各種ログインからログインください。
無料トライアルはこちら
購読申し込みはこちら

NNAからのご案内

出版物

SNSアカウント

各種ログイン