• 印刷する

腐敗認識ランク、東南ア5カ国で順位低下

世界の汚職を監視する非政府組織(NGO)のトランスペアレンシー・インターナショナル(TI)が公表した2021年版の「腐敗認識指数(CPI)」ランキングで、シンガポールなど東南アジアの5カ国が前年から順位を下げた。

トランスペアレンシー・インターナショナルは国際機関やシンクタンクのデータを基に、世界180カ国・地域の腐敗認識度を100点満点で指数化した。数値が高くなるほど汚職が少ないと認識される。今回は、各国・地域で新型コロナウイルス禍対応の財政支出が十分なチェックがないまま行われ、汚職の温床となっていないかを重点的に調査した。

東南アジアで最も汚職が少ないとされるシンガポールの指数は前年と同じ85で高水準だったが、順位は1つ下がって4位。ノルウェー、スウェーデンと同順位だった。域内では、マレーシア、タイ、フィリピン、ミャンマーも順位を落とした。

一方、ベトナムの指数は39となり、前年から3ポイント上昇。順位も104位から87位へと大幅に上がった。インドネシア、ラオス、カンボジアの順位も上昇した。


関連国・地域: タイベトナムミャンマーカンボジアラオスマレーシアシンガポールインドネシアフィリピン
関連業種: マクロ・統計・その他経済政治社会・事件

その他記事

すべての文頭を開く

テイクオフ:ショートメッセージサー…(05/23)

決済コーダ、新たなユニコーンに コロナ下のゲーム需要取り込み(05/23)

金融業界、9400人の雇用創出見込み(05/23)

入国上限2万人に、世界の8割が検査免除(05/23)

国内卸売販売額、1~3月は上昇鈍化(05/23)

空港第2ターミナル、29日に運用再開(05/23)

きょうIPEF発足、半導体など供給網強化(05/23)

道路通行料改定、30日から一部引き上げ(05/23)

日米豪印、5G連携強化へ(05/23)

すべての文頭を開く

※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社NNAは一切の責任を負いません。

の記事は有料サービスご契約者様限定記事です。契約すると続きをお読みいただけます。契約されている方は、画面右側にある各種ログインからログインください。
無料トライアルはこちら
購読申し込みはこちら

NNAからのご案内

出版物

SNSアカウント

各種ログイン