外国人労働者の割当制度、経営団体が継続要請

マレーシア経営者連盟(MEF)は24日、各業界に対する外国人労働者の割当(クオータ)制度を継続すべきだとする見解を表明した。労働力不足による国内経済の回復遅れを懸念するものだ。 経営者連盟は、新型コロナウイルスの感染拡大やマレー半島中央部などを襲った昨年末の洪水…

関連国・地域: マレーシア
関連業種: マクロ・統計・その他経済雇用・労務


その他記事

すべての文頭を開く

長距離LCCタイエアアジアX、経営再建へ(05/23)

輸出額、9カ月連続2桁成長 4月は21%増、パーム油など好調(05/20)

新規感染2017人、累計448.3万人(05/20)

〔アジア人事〕ミスミグループなど(05/20)

RM1=29.0円、$1=RM4.41(19日)(05/20)

ライオンポシム、シャアラム複合開発で合弁(05/20)

すべての文頭を開く

※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社NNAは一切の責任を負いません。

の記事は有料サービスご契約者様限定記事です。契約すると続きをお読みいただけます。契約されている方は、画面右側にある各種ログインからログインください。
無料トライアルはこちら
購読申し込みはこちら

NNAからのご案内

出版物

SNSアカウント

各種ログイン