• 印刷する

2月1日「沈黙スト」呼び掛け、政変1年で

ミャンマーの市民らが、国軍によるクーデターから1年となる2月1日に出勤せずに自宅にとどまる「静かなストライキ」の実施を呼び掛けている。国際社会からの注目が高まる日に国軍への抗議の意思を沈黙で示し、市民が民主主義への回帰を諦めていないことをアピールする狙いだ。

ストのスローガンは「帰るべき道に向かって闘おう」。会員制交流サイト(SNS)上では、午前10時~午後4時に外出せず、全国に静寂をもたらすよう呼び掛ける投稿が拡散している。午後4時に市民が一斉に拍手して終わる予定だ。

独立系メディアのミッジマによれば、潜伏中の民主派リーダーのタイザーサン氏は自身のSNSで「軍政に決して屈しないという闘志を世界に見せつけよう」と投稿している。ミャンマー衣料労働者連盟(FGWM)も労働者にストへの参加を呼び掛けている。

沈黙のストは2021年3月24日、12月10日に続き3回目。これまでの沈黙のストでは、国軍は休業した店舗などを取り締まっており、2月1日に向けても営業を続けるよう圧力をかける恐れがある。

12月10日のストでは、取材中のフリーカメラマンが拘束され、取り調べ中に死亡する事件が起きている。


関連国・地域: ミャンマー
関連業種: 政治社会・事件

その他記事

すべての文頭を開く

登校再開の機運、葛藤胸に 教育の遅れに募る危機感(05/25)

新モン州党、和平交渉で国軍支持の姿勢(05/25)

米大統領、ミャンマー民主化への回帰強調(05/25)

ヤンゴンのパーム油価格、8.7%引き下げ(05/25)

油料作物の栽培面積拡大へ、ザガイン管区(05/25)

マ航空、ASEANで6回搭乗可能な航空券(05/25)

メルギーでコメの最低買い入れ価格設定(05/25)

天然ゴム価格上昇、1ポンド1300チャット(05/25)

保健省など、医学部卒業生1千人以上採用(05/25)

すべての文頭を開く

※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社NNAは一切の責任を負いません。

の記事は有料サービスご契約者様限定記事です。契約すると続きをお読みいただけます。契約されている方は、画面右側にある各種ログインからログインください。
無料トライアルはこちら
購読申し込みはこちら

NNAからのご案内

出版物

SNSアカウント

各種ログイン