• 印刷する

テイクオフ:インドネシアでは日常的…

インドネシアでは日常的にサンダルを履いている人をよく見かける。熱帯気候、価格の安さ、国民の多数を占めるイスラム教徒には礼拝前に足を洗って清める作法があるなど、いくつか使い勝手が良い理由があるのだろう。

生活必需品のような存在で、小さな商店には格安のビーチサンダルが束になってぶら下がっている。日本での習慣から、ちょっと近所まで行く時にサンダルを履くイメージが拭いきれない。ピカピカの都心の大型ショッピングモールでサンダル履きの人を見ると、その「抜け感」に妙にひかれてしまう。

個人差はあるが、どこに行くにもサンダルが楽で良いという人もいる。スマトラ島から遊びに来た知人は、飛行機での移動にもビーチサンダルを履いていた。ペタペタと足音をさせながら「このサンダルでは、高級モールの入場は断られてしまうかも」と笑った。(純)


関連国・地域: インドネシア
関連業種: 社会・事件

その他記事

すべての文頭を開く

日本入国、6月から98カ国・地域が検査免除に(05/27)

国営製鉄、高炉再稼働に向け中国宝武と覚書(05/27)

ハラル認証の骨セメント投入 Kパワー、医療分野で事業拡大(05/27)

MRT東西線開発160兆ルピア 国際融資のほか民間投資見込む(05/27)

首都の偶数奇数ナンバー規制、25カ所に拡大(05/27)

パーム原油の国内供給義務は30%=調整相(05/27)

食用油プログラム、生産輸出業者に参加義務(05/27)

すべての文頭を開く

※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社NNAは一切の責任を負いません。

の記事は有料サービスご契約者様限定記事です。契約すると続きをお読みいただけます。契約されている方は、画面右側にある各種ログインからログインください。
無料トライアルはこちら
購読申し込みはこちら

NNAからのご案内

出版物

SNSアカウント

各種ログイン