鹿島傘下、豪NZで5億$開発 日本の豪不動産投資は急回復へ

鹿島のオーストラリア子会社で不動産・開発事業会社のアイコン・ディベロップメンツが今年、オーストラリアとニュージーランド(NZ)の都市近郊を中心に合計5億豪ドル(約410億円)の開発案件を進める計画だ。都市集中型から地方分散が進む中で、中央商業地区(CBD)の外での…

関連国・地域: オーストラリアニュージーランド日本
関連業種: 建設・不動産


その他記事

すべての文頭を開く

テイクオフ:現在住んでいる集合住宅…(05/26)

豪新政権、太平洋外交を強化 外相がフィジー訪問、中国けん制(05/26)

〔政治スポットライト〕労働党の気候変動対策、行政権行使で実現か(05/26)

〔政治スポットライト〕炭素クレジット価格上昇、労働党政権獲得で(05/26)

〔政治スポットライト〕豪の税負担は日本より大、新政権に課題(05/26)

〔政治スポットライト〕選挙敗退の自由党、ダットン党首で再建へ(05/26)

発電ACEN、豪で蓄電池施設を起工(05/26)

豪で10人に1人が転職、10年ぶり高水準(05/26)

〔ポッサムのつぶやき〕豪の女性役員どこも同じ人、多様性欠如(05/26)

すべての文頭を開く

※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社NNAは一切の責任を負いません。

の記事は有料サービスご契約者様限定記事です。契約すると続きをお読みいただけます。契約されている方は、画面右側にある各種ログインからログインください。
無料トライアルはこちら
購読申し込みはこちら

NNAからのご案内

出版物

SNSアカウント

各種ログイン