証取所の新たな取り組み、中小上場に焦点

カンボジア証券取引所(CSX)は2022年、取引の活発化を促すため、ITや通信、医療、物流関連の中小企業の上場に重点を置く方針を明らかにした。持ち株会社の上場など、新たな取り組みも進めていく考えだ。プノンペン・ポスト(電子版)が伝えた。 CSXの昨年の1日平均売買…

関連国・地域: カンボジア
関連業種: 金融マクロ・統計・その他経済


その他記事

すべての文頭を開く

日本入国、6月から98カ国・地域が検査免除に(05/27)

1~4月の税収3割増、年度目標半分超え(05/27)

銀行部門への外国投資、5年で40億ドル超(05/27)

プノンペン経済特区、1~3月は赤字縮小(05/27)

アクシアタ1Q決算、スリランカ危機で赤字(05/27)

すべての文頭を開く

※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社NNAは一切の責任を負いません。

の記事は有料サービスご契約者様限定記事です。契約すると続きをお読みいただけます。契約されている方は、画面右側にある各種ログインからログインください。
無料トライアルはこちら
購読申し込みはこちら

NNAからのご案内

出版物

SNSアカウント

各種ログイン