ロームの天津工場、稼働を一部再開

半導体大手のロームは21日、新型コロナウイルスの感染拡大の影響で停止していた天津工場の稼働を一部再開したと発表した。 天津工場ではダイオードや半導体レーザーなどを生産している。天津市政府は新型コロナの新たな変異株「オミクロン株」の国内感染者が出たことを受け、約1,3…

関連国・地域: 中国-天津日本
関連業種: 自動車・二輪車医療・医薬品IT・通信マクロ・統計・その他経済


その他記事

すべての文頭を開く

テイクオフ:土曜の昼下がり、広州の…(05/23)

4月のCMP原材料輸入、3.4倍に増加(05/23)

国内感染の縮小傾向継続 単日100人台、無症状も千人割れ(05/23)

入国上限2万人に、世界の8割が検査免除(05/23)

外資社員の平均賃金240万円、21年調査(05/23)

4月の自動車販売、9.1%増の6.3万台(05/23)

特定技能滞在6万4千人に、見込みより低調(05/23)

LPR5年物引き下げ、中長期融資促す(05/23)

〔政治スポットライト〕新政権は貿易重視の対中外交を=豪財界(05/23)

すべての文頭を開く

※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社NNAは一切の責任を負いません。

の記事は有料サービスご契約者様限定記事です。契約すると続きをお読みいただけます。契約されている方は、画面右側にある各種ログインからログインください。
無料トライアルはこちら
購読申し込みはこちら

NNAからのご案内

出版物

SNSアカウント

各種ログイン