• 印刷する

政策金利1.75%で据え置き、9会合連続

マレーシア中央銀行は20日、金融政策会合を開き、政策金利となる翌日物政策金利(OPR)を1.75%で据え置くことを決めた。据え置きは9会合連続。

中銀は声明で、2021年第4四半期(10~12月)は新型コロナウイルス対策の活動制限の緩和によって国内経済が回復したと指摘。通年の成長率は3~4%の範囲に収まるとの予想を示した。

22年については、雇用環境や外需の改善、民間部門の投資拡大で成長に拍車がかかるとする一方、予想外の外需低迷やサプライチェーン(調達・供給網)の混乱、重症化リスクの高い新型コロナの新たな変異株の出現などが下振れリスクになるとした。

21年1~11月の平均インフレ率は2.3%。22年は燃油価格の高騰によるベース効果が薄れ、インフレ率は落ち着いた水準で推移する見通しという。

ロイター通信によると、マレーシアでは経済活動の正常化に伴い、22年後半に中銀が利上げに踏み切ると予想するアナリストが多い。


関連国・地域: マレーシア
関連業種: 金融マクロ・統計・その他経済

その他記事

すべての文頭を開く

テイクオフ:マレーシア保健省は、健…(05/23)

コロナ禍で2年越しの進出 八天堂、ムスリム市場に挑戦(上)(05/23)

新規感染2021人、累計449万人(05/23)

入国上限2万人に、世界の8割が検査免除(05/23)

RM1=29.2円、$1=RM4.39(20日)(05/23)

4月の新車販売、3.6%減の5.6万台(05/23)

きょうIPEF発足、半導体など供給網強化(05/23)

フェローテック、5億リンギで工場建設(05/23)

日米豪印、5G連携強化へ(05/23)

すべての文頭を開く

※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社NNAは一切の責任を負いません。

の記事は有料サービスご契約者様限定記事です。契約すると続きをお読みいただけます。契約されている方は、画面右側にある各種ログインからログインください。
無料トライアルはこちら
購読申し込みはこちら

NNAからのご案内

出版物

SNSアカウント

各種ログイン