• 印刷する

キャピタランド、越の高級オフィスビル売却

キャピタランド・デベロップメントが売却したベトナム・ハノイの高級オフィスビル「キャピタル・プレース」(同社提供)

キャピタランド・デベロップメントが売却したベトナム・ハノイの高級オフィスビル「キャピタル・プレース」(同社提供)

シンガポールの政府系不動産開発会社キャピタランドの不動産開発部門キャピタランド・デベロップメントは20日、ベトナム・ハノイの高級オフィスビルを7億5,100万Sドル(約638億円)で売却したと発表した。ビルを保有するファンドの出口戦略の一環となる。売却先は明らかにしていない。

売却したビルは「キャピタル・プレース」。キャピタランドがハノイで初めて開発を手掛けたオフィスビルで2020年に開業。中心部バディン区にあり、37階建てのビル2棟から成る。キャピタランドがベトナムで設立した商業不動産向け投資ファンド「キャピタランド・ベトナム・コマーシャル・バリューアディッド・ファンド(CVCVF)」が保有していた。

同ファンドは、キャピタランド・デベロップメントと、シンガポールのMEAコマーシャル・ホールディングスが折半で運用資金を拠出した。今回の売却が完了次第、閉鎖する。最終的にハードルレート(投資に対する最低限の利回り)の約3倍の利回りを達成する見込みという。

キャピタランド・デベロップメント(ベトナム)のロナルド・テイ最高経営責任者(CEO)は、「開発物件を価値の高い不動産として売却することができた」と述べた。今後の新規開発事業に売却益を活用したいと付け加えた。


関連国・地域: ベトナムシンガポール
関連業種: 建設・不動産

その他記事

すべての文頭を開く

テイクオフ:ショートメッセージサー…(05/23)

決済コーダ、新たなユニコーンに コロナ下のゲーム需要取り込み(05/23)

金融業界、9400人の雇用創出見込み(05/23)

入国上限2万人に、世界の8割が検査免除(05/23)

国内卸売販売額、1~3月は上昇鈍化(05/23)

空港第2ターミナル、29日に運用再開(05/23)

きょうIPEF発足、半導体など供給網強化(05/23)

道路通行料改定、30日から一部引き上げ(05/23)

日米豪印、5G連携強化へ(05/23)

すべての文頭を開く

※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社NNAは一切の責任を負いません。

の記事は有料サービスご契約者様限定記事です。契約すると続きをお読みいただけます。契約されている方は、画面右側にある各種ログインからログインください。
無料トライアルはこちら
購読申し込みはこちら

NNAからのご案内

出版物

SNSアカウント

各種ログイン