• 印刷する

国際監査機関は軍代表を排除すべき=JFM

人権団体「ジャスティス・フォー・ミャンマー(JFM)」は19日、国際的な会計検査機関などに対し、ミャンマー国軍との関係を断ち切るよう求める内容の声明を発表した。

声明でJFMは、東南アジア諸国連合・最高会計検査機関(ASEANSAI)と最高会計検査機関国際組織(INTOSAI)、ノルウェーとスウェーデンの監査当局が、国軍統制下にある会計検査院をミャンマー代表として受け入れていると批判した。

国軍の会計検査院は昨年11月、ASEANSAIの議長に就任。国軍が同月主催した会議には、ノルウェーとスウェーデンの監査当局も参加した。この会議には国軍のソーウィン副司令官が主賓として招かれていた。

国軍の監査当局に対するノルウェーとスウェーデンの認識は、欧州連合(EU)とは異なる。EUは、「国軍とはいかなる形の対話も行っていない」と明言。ミャンマーが議長を務めている限り、ASEANSAIへの支援や参加を見送るとしている。

JFMの広報担当者、ヤダナーマウン氏は、「ASEANSAIとINTOSAI、北欧2国の監査当局は、国軍が何よりも欲しがっている『正統性』を与えた」と批判。「ASEANSAIとその加盟国は、国軍の会計検査院長官が議長を務めることを容認したことで、ミャンマー国民の意思や人権を踏みにじった」と強調した。

その上で、国軍をミャンマーの代表として認めることを拒否し、あらゆる会議やイベントへの国軍代表者の参加を認めないようASEANSAIとINTOSAIに要請。ノルウェーとスウェーデンに対しては、EUの方針に追随し、会計検査院長官を含む国軍関係者との関係を絶つよう求めた。


関連国・地域: ミャンマーASEAN欧州
関連業種: マクロ・統計・その他経済政治

その他記事

すべての文頭を開く

ザガイン、綿花栽培は今年8.1万エーカーに(17:33)

日本入国、6月から98カ国・地域が検査免除に(05/27)

28日の感染者18人、52日連続死者ゼロに(17:33)

26日の感染者4人、50日連続死者ゼロに(10:32)

対日輸出、3カ月連続プラス クーデター前の水準に(05/27)

1~4月の税収3割増、年度目標半分超え(05/27)

国内のドル取引停止を指示、中央銀行(05/27)

すべての文頭を開く

※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社NNAは一切の責任を負いません。

の記事は有料サービスご契約者様限定記事です。契約すると続きをお読みいただけます。契約されている方は、画面右側にある各種ログインからログインください。
無料トライアルはこちら
購読申し込みはこちら

NNAからのご案内

出版物

SNSアカウント

各種ログイン