• 印刷する

ダブルドラゴン、産業施設の工事完了

フィリピンの不動産開発大手ダブルドラゴン・プロパティーズは17日、マニラ首都圏北方タルラック市の産業用複合施設「セントラルハブ」の第4期工事で倉庫群が完成し、同施設の工事が完了したと発表した。

施設全体の面積は6.2ヘクタール。施設内には倉庫のほか、冷蔵保管施設や軽工業向け施設、配送拠点などが含まれる。

ダブルドラゴンは2022年後半に、この施設をフィリピン初の産業用不動産投資信託(REIT)として新規株式公開(IPO)を目指している。調達額は約248億ペソ(約550億円)に上る見込み。


関連国・地域: フィリピン
関連業種: 建設・不動産運輸

その他記事

すべての文頭を開く

【アジアエクスプレス】デニム輸出が拡大 パキスタンの躍進(19:22)

テイクオフ:雨期の始まりの気配が漂…(05/18)

【アジアの風、日本のゆくえ】(第8回) スマホが変えるアジアの都市(05/18)

不明な経済政策、株価下落 マルコス次期政権に投資家懸念(05/18)

マルコス氏の候補資格剝奪求める、神父ら(05/18)

オミクロン派生型、市中感染を確認(05/18)

1~2月の死因、新型コロナは6位に低下(05/18)

すべての文頭を開く

※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社NNAは一切の責任を負いません。

の記事は有料サービスご契約者様限定記事です。契約すると続きをお読みいただけます。契約されている方は、画面右側にある各種ログインからログインください。
無料トライアルはこちら
購読申し込みはこちら

NNAからのご案内

出版物

SNSアカウント

各種ログイン