• 印刷する

テイクオフ:東部にあるチャンギ・チ…

東部にあるチャンギ・チャペル・アンド・ミュージアムを訪れた。主に日本占領下におけるチャンギ収容所の資料などを紹介する博物館で、2021年5月に改修工事を経て、リニューアルオープンしていた。

展示によると、19世紀までチャンギはマングローブ湿地と熱帯雨林で覆われた、のどかな場所だったそうだ。これが、当地の防衛目的に英国が砲台や兵舎を建設したことで変わり始めた。その後、日本軍のマレー侵攻でシンガポールが陥落し、多くの兵士と民間人がチャンギ収容所に送られた。収容所の生活は過酷で、人びとは食糧難にも直面していたという。

ガイドスタッフが最後に話していた「戦時中の経験を話すことはつらいけど、話さなければ後世に伝わらない。こうして伝えていくことが大切だと感じています」という言葉が胸に響いた。自身もここで学んだことを周りの人に伝えていきたい。(真)


関連国・地域: シンガポール日本
関連業種: 社会・事件

その他記事

すべての文頭を開く

通信シングテル、4期ぶり増益 新CEOの下で純利益3.5倍に(05/28)

ジェトロが企業庁と提携、新興企業を支援(18:11)

JTC、スタートアップと大企業の交流支援(18:11)

サービス業売上高、4四半期連続で2桁上昇(18:11)

航空業界従事者、年内にコロナ前の9割へ(18:11)

シンガポール航空、客室乗務員2千人採用へ(18:11)

新興カーシェア、現代自の新型EV導入へ(18:11)

パナ、宅配ロッカー500カ所の設置完了(18:27)

小売り・不動産メトロ、通期は36%減益(18:12)

すべての文頭を開く

※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社NNAは一切の責任を負いません。

の記事は有料サービスご契約者様限定記事です。契約すると続きをお読みいただけます。契約されている方は、画面右側にある各種ログインからログインください。
無料トライアルはこちら
購読申し込みはこちら

NNAからのご案内

出版物

SNSアカウント

各種ログイン