北部ユネスコ保護区の湖、金採掘急増で汚染

国連教育科学文化機関(ユネスコ)の「ユネスコ・エコパーク(BR、生物圏保存地域)」に認定されているミャンマー北部カチン州のインドージ湖周辺で金の採掘が急増し、湖の汚染が懸念されている。イレブン電子版が15日伝えた。 情報筋によると、周辺の村にある金採掘現場から、…

関連国・地域: ミャンマー
関連業種: 鉄鋼・金属天然資源マクロ・統計・その他経済社会・事件


その他記事

すべての文頭を開く

東南アジアで溶接技術つなぐ 日新電機、ミャンマーで金属加工(05/23)

4月のCMP原材料輸入、3.4倍に増加(05/23)

国軍報道官、経営者の出国禁止を否定(05/23)

入国上限2万人に、世界の8割が検査免除(05/23)

タイへの密入国止まらず、合法派遣再開も(05/23)

特定技能滞在6万4千人に、見込みより低調(05/23)

次期ASEAN国防相会合に軍政閣僚招待か(05/23)

外務省、英豪の外交関係格下げに同様の対応(05/23)

日米豪印、5G連携強化へ(05/23)

すべての文頭を開く

※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社NNAは一切の責任を負いません。

の記事は有料サービスご契約者様限定記事です。契約すると続きをお読みいただけます。契約されている方は、画面右側にある各種ログインからログインください。
無料トライアルはこちら
購読申し込みはこちら

NNAからのご案内

出版物

SNSアカウント

各種ログイン