台湾大哥大が在宅勤務実施、2月中旬まで

台湾通信大手の台湾大哥大(台湾モバイル)は16日、台北市や新北市などのオフィスで働く従業員について、1月17日から2月20日まで原則在宅勤務とすると発表した。新型コロナウイルス感染症の域内感染確認が続いていることを受けた措置。中央通信社などが伝えた。 台北市、新北市…

関連国・地域: 台湾
関連業種: 医療・医薬品IT・通信マクロ・統計・その他経済雇用・労務社会・事件


その他記事

すべての文頭を開く

テイクオフ:在宅勤務中に始まったア…(05/26)

抗原陽性で感染確定を全面化 26日から、医師の確認経て(05/26)

新型コロナの域内感染者、25日は8万9352人(05/26)

台北の感染者減少、PCR未実施など要因か(05/26)

中南部で感染者増加、台北上回る(05/26)

高齢者など、ワクチン接種で検査キット贈呈(05/26)

22年の世界スマホ用カメラ出荷、50億個予測(05/26)

世界ノートPCパネル出荷、2Qは2割減予測(05/26)

鴻海傘下FII、35年の炭素中立達成へ(05/26)

すべての文頭を開く

※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社NNAは一切の責任を負いません。

の記事は有料サービスご契約者様限定記事です。契約すると続きをお読みいただけます。契約されている方は、画面右側にある各種ログインからログインください。
無料トライアルはこちら
購読申し込みはこちら

NNAからのご案内

出版物

SNSアカウント

各種ログイン