• 印刷する

テイクオフ:首都圏のハイキングコー…

首都圏のハイキングコースで最もお勧めなのが、クアラルンプール中心部の国家記念碑近くにあるタマントゥグの自然歩道だ。高齢者や子どもでも歩きやすいコースで、かつての英国植民地時代の面影を残す家屋も楽しむことができる。朝はとても涼しいので、このコースが大好きだ。

しかし先週末に訪れたところ、土砂崩れでふさがれていて、歩けなくなっている箇所が少なくなかった。本来なら1時間45分ほどかかるコースだが、標識が分かりづらくて何度も迷ったものの、45分で歩き終えてしまった。

昨年12月中旬以降にマレー半島中央部を中心に襲った大雨で、各地で土砂崩れが発生した。植林で保水を図るといった対策を講じなければ、モンスーン(季節風)期には洪水や地滑りが繰り返し発生することになるのではないかと心配だ。(張)


関連国・地域: マレーシア
関連業種: 社会・事件

その他記事

すべての文頭を開く

21年のPE投資額、東南アは250億米ドル(16:15)

新規感染1469人、累計448.1万人(14:31)

【アジアエクスプレス】デニム輸出が拡大 パキスタンの躍進(19:22)

【アジア本NOW】『「帝国」ロシアの地政学 「勢力圏」で読むユーラシア戦略』(19:22)

テイクオフ:コロナ禍になり、自宅で…(05/18)

【アジアの風、日本のゆくえ】(第8回) スマホが変えるアジアの都市(05/18)

対日輸出が堅調、21年2割増 半導体需要や資源価格上昇が背景(05/18)

《安全》新規感染1697人、9日ぶり2千人割れ(05/18)

すべての文頭を開く

※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社NNAは一切の責任を負いません。

の記事は有料サービスご契約者様限定記事です。契約すると続きをお読みいただけます。契約されている方は、画面右側にある各種ログインからログインください。
無料トライアルはこちら
購読申し込みはこちら

NNAからのご案内

出版物

SNSアカウント

各種ログイン