• 印刷する

テイクオフ:オンラインで署名を募る…

オンラインで署名を募るサイトをのぞいたら、オーストラリア関連で署名が実現した例が挙げられていた。例えば、昨年の東京オリンピック・パラリンピックでは、パラリンピック選手への報奨金がオリンピック選手より少なく、同額を求める署名が行われた。

これについてモリソン首相が同額を約束したとあり、署名成功と評価している。ほかに、1回目の新型コロナウイルスワクチンの接種を終えただけの男性が、隔離施設を出てがんで危篤の母親に会えるよう求める署名もあり、これも願いがかなったという。

今話題の男子テニスのジョコビッチ選手に関する署名もあった。これは、接種免除での入国阻止を狙ったものだった。ただ約400人しか署名していない。このサイトで、国民の本音が分かるのかもしれない。(欣達)


関連国・地域: オーストラリア
関連業種: 社会・事件

その他記事

すべての文頭を開く

テイクオフ:最近SNS(交流サイト…(01/27)

準備銀が早期利上げか、4QのCPI3.5%で(01/27)

日本企2社、豪で個別に水素関連事業を推進(01/27)

FMG、英のF1関連バッテリー企業を買収(01/27)

豪12月企業信頼感、オミクロン株で大幅下落(01/27)

NSW政府、屋内マスク規制を2月末まで維持(01/27)

政府がRAT追加調達、薬局は供給安定楽観視(01/27)

〔政治スポットライト〕中国系アプリ、豪政府がボイコット呼び掛け(01/27)

アドブルー国内生産増強、長期供給に懸念も(01/27)

すべての文頭を開く

※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社NNAは一切の責任を負いません。

の記事は有料サービスご契約者様限定記事です。契約すると続きをお読みいただけます。契約されている方は、画面右側にある各種ログインからログインください。
無料トライアルはこちら
購読申し込みはこちら

NNAからのご案内

出版物

SNSアカウント

各種ログイン