• 印刷する

テイクオフ:朝の散歩の途中で、久し…

朝の散歩の途中で、久しぶりに近所の屋台街(ホーカーセンター)に立ち寄った。半分ほどの店舗のシャッターが閉まっているのは早朝だからか、新型コロナウイルスの影響か。などと考えながらコピ(砂糖と練乳入りの甘いコーヒー)を注文し、席に着いた。

高齢者を中心に客の入りはまあまあだ。人気の店は数人の待ち行列ができている。ふと、いつもと雰囲気が異なることに気づいた。全体的に小ぎれいになっていたのだ。昨年9月から飲食後に食器を自分で片付ける規則が導入されたことが奏功しているようだ。以前はホーカーセンターといえば、テーブルの上にトレーや食べ残しが残っているのが目立つ場所だったが、様変わりだ。

今月からは、同様の規則がフードコートやコピティアムと呼ばれる伝統的なコーヒーショップでも適用されている。きれいになっていくのは良いが、昔の光景もどこか懐かしい。(利)


関連国・地域: シンガポール
関連業種: サービスマクロ・統計・その他経済社会・事件

その他記事

すべての文頭を開く

テイクオフ:新型コロナウイルス禍に…(01/27)

21年の設備投資118億Sドル 3割減も半導体・バイオは好調(01/27)

製造業生産高指数、21年は13%上昇(01/27)

腐敗認識ランク、東南ア5カ国で順位低下(01/27)

インドネシアに92億ドル投資、再生エネなど(01/27)

住宅との複合、工業団地開発の主流に(01/27)

UOB銀行、中国法人に20億元注入(01/27)

新規感染5996人、前日から2倍に(25日)(01/27)

【人財羅針盤】第184回 2022年の昇給率について(01/27)

すべての文頭を開く

※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社NNAは一切の責任を負いません。

の記事は有料サービスご契約者様限定記事です。契約すると続きをお読みいただけます。契約されている方は、画面右側にある各種ログインからログインください。
無料トライアルはこちら
購読申し込みはこちら

NNAからのご案内

出版物

SNSアカウント

各種ログイン