太陽光発電のポンプが今夏完成、マグウェー

ミャンマー中部マグウェー管区アウンラン郡区で、太陽光発電を利用したポンプとかんがい設備の整備が進んでいる。今夏には300エーカー(約121ヘクタール)で農業用水の供給が始まる見通しだ。国営紙グローバル・ニュー・ライト・オブ・ミャンマー(電子版)が9日伝えた。 管区の…

関連国・地域: ミャンマー
関連業種: 農林・水産


その他記事

すべての文頭を開く

進まないクーデター対応 ミャンマー難民申請者(06/27)

ウクライナ避難民厚遇、「緊急措置」と首相(06/27)

難民と避難民(06/27)

国軍への圧力強化を=国連特別報告者(06/27)

ネット遮断と残虐行為の阻止を=人権団体ら(06/27)

民主派、海外労働者の調査と証明書発行へ(06/27)

チャウピュー複合発電所、来年完成へ(06/27)

中国産タマネギ、ヤンゴンに低価格で流通(06/27)

ヤンゴン管区、雨期米47万ヘクタール目標(06/27)

すべての文頭を開く

※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社NNAは一切の責任を負いません。

の記事は有料サービスご契約者様限定記事です。契約すると続きをお読みいただけます。契約されている方は、画面右側にある各種ログインからログインください。
無料トライアルはこちら
購読申し込みはこちら

NNAからのご案内

出版物

SNSアカウント

各種ログイン